« 腎機能保存期と2泊3日の旅行 | トップページ | 区立の公園 »

2013年8月15日 (木)

耳鳴りの続き

最近の気象は「暑い」と書くより「熱い」と書く方がピッタリだ。
野外では、風も太陽光も触る物も全て熱く、金物に触れた幼児が大やけどしたとのニュースも流れた。

そんなある夜、無人の昼間にサウナとなっていた部屋の換気の為に窓を開けると、虫の声が聞こえた。
そういえば、猛暑のさなかに天気予報で、立秋だと現状に合わない事を告げていたと思っいただけに、夜の虫の音は立秋の正しさを証明したと同時に、涼しげな気分も味あわせてくれた。

その虫の音を堪能しようと耳を傾けると………耳鳴りがうるさい。
一過性だった耳鳴りが慢性の耳鳴りになって久しい。
先日、いつもとは別の耳鼻科で聴力検査をしたが、音を聞く能力は歳並みなので「問題はない」と言われた。
そう言われても、私にとっての耳鳴りは「問題有り」なので、治療方法は無いのかと食い下がったら「無い」との断言が即返ってきた。
その医師の論によると、耳鳴りは耳の病気ではなく他の原因によるものなので、対処としては「慣れる、気にしないが全て」、挙句の果てに「暇だから聞こえるのだ」と思いっきり突き放されてしまった。

他の耳鼻科では「治るかも知れない」との事だったので驚いた。
これが本当の耳を疑う話……(^□^*)ゞ
しかし「治るかも知れない」と言ってくれた医師にはしばらく受信に行っていないので今さら行けないし、かさむ治療費も気になる。

かかりつけの内科でも、耳鳴りを治すのは難しいとの事だったので、やはり慣れるしかないのかもしれない。
キニシナイ キ~ン(>_<)キ~ン キニシナイ

とは言う物の、耳鳴りはキーンとポーの不協和音だったのが、最近ポーが弱くなりキーン主体となった。
良くも悪くも季節も全てが変化するので、希望と覚悟を両手に持ち、暫し虫の声に聞き入った。

« 腎機能保存期と2泊3日の旅行 | トップページ | 区立の公園 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

3年程前から、私も慢性的な耳鳴り、、最初は気になりましたが、、
今は慣れました、とは、言うものの時々気になりますが、、、
聴力も上が落ちています、耳鳴りの原因は、、、加齢とかストレスとか極めて
複雑の様で治らないみたいです、、、私の行きつけの耳鼻科
治りますかの問いに、、、う~ん、、、通院やめ~た。
猛暑の夏、ご自愛下さい!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耳鳴りの続き:

« 腎機能保存期と2泊3日の旅行 | トップページ | 区立の公園 »

無料ブログはココログ