« ボウリング | トップページ | 耳鳴りの続き »

2013年8月 9日 (金)

腎機能保存期と2泊3日の旅行

家族の一人が二泊三日の行事のために、他県に出かける事になり、そこで、残った家族全員がその行事を見に行く事となった。

泊まりの旅行となると、腎機能保存期の私の食事にはかなり工夫が必要だ。

旅行のために必要な物とその理由は私のホームページで紹介しているが、概略は以下の通りだった。

・低蛋白ごはん類 → これで必要カロリーを確保する。

……外食先の宿や店にお願いして、電子レンジで加熱をして頂く。

・低塩調味料類 → 塩分と味付けは自己責任。

 ……外食先でオーダする場合はその店の、調味料を使用しなくて済む料理をオーダする。

・秤 → 食品の計量に使用。

 ……料理を食べる量(重さ)は、経験値から決める。

・メモと筆記用具 → 食べた食品とその重さの記録をする。

・食品成分管理ソフトの入ったパソコン → メモされた食品の、成分詳細確認をする。

 ……就寝前にメモを見ながらPCに入力をして、その日の成分摂取量の最終確認をするが、過不足が生じても翌日に持ち越す事はしない。 

私達が宿泊した場所はソバ(蕎麦)が有名な観光地なので、どうしてもソバを食べると、行く前から固く決意してきた。

しかしソバと言えば私にとって、低カロリー、高蛋白、つゆが高塩。

ソバ一人前だけで、一食分としての何れの成分も過不足が発生するので、大分以前より食べる事はなかった。 

そこで今回は、カロリー補充と蛋白制限の為にめ、ソバの天ぷら定食としたが、店の主人にお願いして、蛋白の多い海老などは全て野菜とトレードしてもらった。

次に、塩分対策としては自前のつゆとした。

つゆの作り方は、低塩ダシ割醤油15gに砂糖2gを加え、好みの濃さになるように、ざるソバについてきたそば湯で割り、最後におろしわさびや唐辛子等の薬味を加えてつゆの完成。

久しぶりのソバがとても旨かったのは当然だが、自作のつゆも上出来、一滴残さずそば湯で割って飲み干した。

(o^-^o) エンブン  シンパイ ナイカラ アンシン 

旅行に行った先の有名なお寺には最初に訪れ、家族の行事が無事終わるようにと手を合わせ前金のお賽銭を投げ入れ、行事が無事に終わった旅行の最終日に、もう一度そのお寺に残金のお賽銭を払ってきた。

(▼▼) セイカバライノ メイリョウ カイケイ 

メモ帳に基づく、毎日の摂取成分の再計算結果は、

    カロリー 蛋白 塩

目標は 2300Kcal 30g 5.0g

一日目 2000Kcal 29g 4.5g

二日目 1850Kcal 28g 2.8g

三日目 1920Kcal 25g 3.7g

となった。

外食時の暗算での成分量は、摂取量を多めに計算してしまうのが私の性格のようだ。

(;一_) ショウシンモノ…

« ボウリング | トップページ | 耳鳴りの続き »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腎機能保存期と2泊3日の旅行:

« ボウリング | トップページ | 耳鳴りの続き »

無料ブログはココログ