« 頂き物 | トップページ | お米を変えてみた結果 »

2013年3月30日 (土)

蛋白が足りない時…その後

以前のブログで、結果的に蛋白摂取量の上限に届かなかった場合の気持ちが、苦しみから楽しみに変わったと書いた。

しかし、足りない場合は、大好きなスルメを焼いて(1g単位ですけど)食べると言う楽しみになると気づいたその日から、蛋白不足は度々発生していると感じていたのに、今度は不足が発生する日はほとんど来ないと感じるようになった。

初めからスルメを食べるつもりで成分計算をすればもちろん食べられるが、スルメはコレステロール値を上げると聞いていたので、良質な蛋白摂取の為の肉食には不適当と思い、我が家での私の食事で、いか(烏賊)の類を選ぶことはまれだった。

しかしこのままでは気持ちが収まらず、スルメはどんな食品なのか改めてwebで調べてみた。
最初に目にとまった記事が、なんと「スルメは健康食品」だった。
最近の一般的健康食品の多くは、腎機能保存期の私にとっては「不健康食品」。
内容を見てみると、
「するめを噛むと、歯やあごの運動になり、唾液が沢山出る。消化酵素も沢山出て体内の活性化を促進し、適量であれば、タウリンやEPA・DHAが豊富に含まれているので、コレステロールを低下し、コレステロール系胆石予防、肝臓強化作用、血圧調整作用、視力回復作用などの予防に効果がある」
と、なんと都合の良い記事だった。

都合の悪い内容に巡り合う前に検索はここで中止し、これからは敢えてスルメを食べようと言う事にした。
d-_-b ソレデヨイノダ

所で「適量のイカ」とは何グラム?
( ^ω^ ) マッ イ~カ
m(_ _)m オアトガヨロシイヨウデ

« 頂き物 | トップページ | お米を変えてみた結果 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蛋白が足りない時…その後:

« 頂き物 | トップページ | お米を変えてみた結果 »

無料ブログはココログ