« 今年の初風邪 | トップページ | ミニ飲み会 »

2013年1月14日 (月)

東京の大雪

成人の日に、今年も大雪が降った。

我が家の狭い庭に雪が積もるのを、チビ達が楽しみにしている。
東京ではめったにできない雪遊びを楽しみに、彼らが「もっと降れ~降れ~」とはしゃいでいたら電話がなった。

一番上のチビからの電話で、電車が止まっていて帰れないとの事。
外を見るとかなりの積雪(7cm)だが、昔取ったキネヅカなのか慢心なのか、それとも可愛いチビの苦境に思わず「そこの建物の中で待っていなさい」と告げ、ガレージの前の雪を乗り越え車を出した。

愛車のタイヤは、当然?チェーンも装着していないしノーマルのうえ、そろそろ交換を宣告されているやつ。
その事は一応わかっていたので、高台にある我が家からは緩やかな勾配の交通量の多い道を選んで出た、が、これが大失敗。

その道の勾配は普通だが比較的急なカーブのためか、反対車線の上り坂でトラックが立ち往生している。
それが原因かどうかは定かではないが、上下線とも全く動かない。
行く道を埋め尽くしているのは真っ赤に光ったブレーキランプの列。

仕方なく携帯からその事を家族に告げ、徒歩でチビを迎えるよう依頼した後、あえなく帰路に着くために横道に入った。
しかし、高台へのどこの上り坂も全て立ち往生の車が塞いでいる。
このままでは、帰れない。
一番行きたくなかった、上り坂の踏切超えの道を選ぶしかなくなった。

眼の前をタクシーが尻を振りながら上がっていくのを、遠くから見届けたあと、意を決したところで、不整脈。

かまってはいられないので行こうとしたら、遮断機に警告音がした。
エッ電車が動いているの?

待っている間緊張感がピーク、不整脈もピーク。
電車をやり過ごし、踏切から離れた所から徐々に加速し、なんとか踏切を突破して、さあ上るぞとコーナーを曲がったら、なんとここにも坂道途中でトラックが路上の雪かき。

蛇の道は蛇と、頭のナビをフル回転し、のこぎりの歯のように交差路の右左折しながらやっと、高台の上の通りに出る事ができたら、不整脈も止まった。

くねくね蛇行しながら進む他車を見ながら、我が家に着きガレージに入れる事が出来たところで、雪の中にビールの缶をいれた。
風呂から出てきて飲んだ、雪の中で冷やしておいたビールは、懐かしい雪国の味がしました。
( ^ω^ ) オイシイ~

« 今年の初風邪 | トップページ | ミニ飲み会 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京の大雪:

« 今年の初風邪 | トップページ | ミニ飲み会 »

無料ブログはココログ