« 耳鳴り | トップページ | 口内炎 »

2012年10月19日 (金)

もっと食べたい…三枚肉編

家族がキッチンで突然こう言いました。
「この豚の三枚肉が100gで本当に蛋白が14gもあるの?」
「どれどれ」と蛋白制限をしている私が、三枚肉を見て驚いた。
ほとんど脂身で、分厚い白い脂肪の間に申し訳程度に筋肉の層が見えるだけだった。
まるで、白い食パンに挟まれたハム状態。

三枚肉という食品名の成分がはっきりしないので、バラ肉の成分(肉100g中、蛋白約14g)で計算していますがとっても損をした気分、何故かと言うと、脂肪の蛋白は100gでゼロ~0.2gです。
このままでは文字通り腹の虫が収まらず翌日三枚肉について調べてみました。

アバラ骨の周りの肉は大きく分けて「前バラ」と「トモバラ」の二種類、更に細かく分けると……いろいろ種類があり (;^_^A ……総称してバラ肉と呼ばれています。
三枚肉とも呼ばれているのは、脂身と筋肉が三層になっているからなのだそうです。

見た目に関係なく、店の名札にバラ肉と書いてあれば、私のホームページでも紹介している、文部科学省の「食品成分データ分析」のホームページでの値を参考にさせてもらっていました。

私の食い意地が納得する成分の計算方法をいろいろ考えましたが、結果から言うと、バラ肉100gの成分は、カロリーを386Kcal蛋白は14.2gで計算していますが、このカロリーと蛋白の値になるヒレ肉(赤肉)とラードの比が、65:35(以下「バラ比」と書きます)と略一致しました。

私が昨夜食べた三枚肉はどう見てもこの「バラ比」がまるで逆で脂身が殆どでした。
こんな場合は、脂身と赤肉を目分量で別々に分けて、成分の計算をすると言う事で、食い意地君には納得してもらいました。
でも、脂身のカロリーは100gで約千kcal、、50gでも500kcal、寒気がするほどの恐ろしいカロリーですので、どの計算が食い意地君に有利になるのかは不明です。
( ̄◆ ̄;) アチラタテレバ コチラガ…

エッ、赤身の方が「バラ比」より多い時はどうするって?それは~、その~っ……。
(;一_一)…バラニクデ ケイサンシマス~ゥ

« 耳鳴り | トップページ | 口内炎 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっと食べたい…三枚肉編:

« 耳鳴り | トップページ | 口内炎 »

無料ブログはココログ