« 今度は寝坊しました | トップページ | 天体ショー »

2012年6月 7日 (木)

変色する長芋

いつもの冷凍とろろを作ろうと、初めて私が長芋を購入しました。
 
野菜室に数日間放置後に、冷凍とろろを作ろうと長芋の皮をむき始めると、むいた直後は白かった長芋が、むいた瞬間からみるみる茶色に変色して行くのです。

 

不気味としか言いようがありません、まるでむけた皮膚の下から、血がにじみ出てくるように色が変わるのです。

 

変色を始めた所を更に削っても結果は同じでした。

そのままおろし始めたら、まるで泥を練っているように変色していくのです。

「これって食べられるの~」( ̄◆ ̄;)

冷凍とろろは何度か作ってきましたがこんな事は初めてでした。

 

冷凍してみても茶色のまま、旨そうには見えませんでしたが、そのとろろを朝に何度か分けて食べてみました。

味は普通のとろろで、ちょっとネバネバ感が足りない程度、私のお腹の具合も問題がありませんでした。

 

調べてみると、簡単に変色するものは葉が青いうちに収穫している栄養豊富(過多)の芋で、変色しない物は葉が枯れてから収穫した、飢餓状態の芋のようです。

どちらが旨いかは味のわかる人にまかせて、手抜き最優先の私には許容範囲の味でした。

酢水にさらしておくと変色防止になるようですが、味には変わりがない様なので、ちょっと面倒、とは言うものの白いとろろの方が見ためは旨そうです。

 

買い物名人に聞くと、変色しない長芋を見分ける方法は、見た目が白くて、つるつる素肌、切り口も白い長芋だと言われました。

次は価格最優先ではなく、先ずその事を念頭において買い物してみます。

シュギョウガ タリン!(`へ´)/ベシッ (*0*)イテツ

 

« 今度は寝坊しました | トップページ | 天体ショー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1400783/45568305

この記事へのトラックバック一覧です: 変色する長芋:

« 今度は寝坊しました | トップページ | 天体ショー »

無料ブログはココログ