« 手荒れ | トップページ |  クシャミ対策 »

2012年3月 7日 (水)

忽然と何こと?

 先日、我が家の風呂脱衣場で棚を見るとその横に、薄汚い紙とそのわきにボールペンがぶら下がっていた。
それには日付らしきものと何か数値が書いてあった。
よく見ると、それは二週間前まで何年も欠かさず記入していた、風呂上がりの私の体重でした。

 腎機能保存期の食事管理で気を付けなければならないのはカロリー不足です。
カロリー不足は、蛋白制限をキチンとしている人ほど陥りやすい失敗ですが、不足すると蛋白を摂り過ぎている以上の悪影響がでると、ブログでも何度か触れていたと記憶していますが、詳しくは、http://mealctrl.weblike.jp/index.html#10、を見てください。

 カロリーの過不足は体重に聞くのが一番確実で、その体重データを背景に医師と必要カロリーの指導を受け、管理栄養士にそれを実現するための基本となる食材配分決めてもらいます。
それに私の独断的都合を付け加えて食事管理をしていますが、その甲斐があってかクレアチニンの値は横ばいに近い緩いのぼり坂歴9年を経過しました。

 その大事な体重測定を毎日欠かさずしていたのに、ある日「忽然と何のこと?」になってしまいましたが、私にはよくあることなので別に驚くことではありません。
(`へ´)キッパリ
皆様にもありますよね?テケテケ入力していたパスワードを突然忘れてしまったことが。
(▼▼)  カクシテモ ムダデス

 「忽然と何こと?」は、慣れていた事に発生しやすいようです。
色々工夫しているうちは、その行動に至るための神経回路が整理されずに複数あるが、習慣化して条件反射のように動けるようになった作業の回路は、一本道の最短距離になっていて、情報伝達が大変効率的になっている。
しかし、一本道しかない回路が閉ざされた場合、行動を促す信号はどこからも全く届かない。
だから、その一本道の神経細胞に寿命が来て「忽然と何のこと?」状態になってしまうことは仕方がなく、決して歳だからではない、と私は居直っているのです。
( ̄Д ̄;;ホントカナ~…?

(;^_^A とっ、とにかく、カロリー摂取はキチンとしましょう。

« 手荒れ | トップページ |  クシャミ対策 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忽然と何こと?:

« 手荒れ | トップページ |  クシャミ対策 »

無料ブログはココログ