« 溺れる者は… | トップページ | 動物いろいろ…ウサギ編 »

2011年7月20日 (水)

ネバーギブアップ

都内の「とある病院」に入院している「とある人」のお見舞いに行きました。
やっと病院の脇の道に車でたどり着き、右折しようと正面の標識を見ると右折禁止のマークに補助標識がくっ付いている。
「曲がって良いの?ダメなの????」
信号は青、「え~ッ」(・◇・)
後ろに車、「どうしよう~」w(゚o゚)w
交差点には交番、「ヤバイ~」(゚ロ゚屮)屮
横には交通係りの警察官二人が交差点を凝視している、「最悪~」……(ノ゚ο゚)ノ

 こうなると私のシングルタスク頭は簡単にフリーズです。
絶体絶命の窮地に私はもうギブアップ、現行犯逮捕の可能性より、病院と逆方向の左に曲がった方が無難と思い、左ウインカーを出しかけた時、「ネバーギブアップ」私の魂が叫んだのです。
とっさに窓をあけ「ここ右折して良いんですよね?」。
問われた警察官も突然の難題にぎょっとした様子で、一人の警察官は標識を眺めたまま答えが出ず。
もう一人の警察官は、答えを急がなければマズイ状況を認識していて、標識を凝視したまま早口で「良いです」と自信無げに答えてくれました。
 違法な右折であっても、答えに時間がかかり交通が渋滞しても、全てその警察官が責任を負ってくれることになる秘策を、クラゲ私がとっさに思いついたのです。

諦めない勇気を与えてくれた「なでしこ達」に、少しは影響されたのですかね?
お巡りさん、不良ドライバーで「ご迷惑をかけます」。

« 溺れる者は… | トップページ | 動物いろいろ…ウサギ編 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネバーギブアップ:

« 溺れる者は… | トップページ | 動物いろいろ…ウサギ編 »

無料ブログはココログ