« 地震 | トップページ | 放射性ヨウ素131 »

2011年3月21日 (月)

余震

 被災地ではあらゆるものが不足していると、ニュースは伝えています。
自分が遭遇した時にはどうなるのかとも考えてしまいます。
地震や津波や放射線から何とか避難所に逃げられても、食料が不足しています。
私の必要とする低塩低蛋白高カロリー食どころではないでしょう。
 この食品を私が保存しておいたとしても、家が流されれば意味がありません。
個人レベルでの自己防衛努力では、あの巨大な災害の前では、全て確実とは思えません。
 
 品不足は我が家近隣でもあります。
買いだめのせいだと、TVの中でコメンテイターが批判しているのを耳にしました。
確かに無意味な買いだめが混乱を招いた例は、過去に数多くあります。
しかし今回はその論評では片付けられないと思いました。
我が家では品不足はあっても、平常時以上のものは買ってはおりません。
又、多くの方も冷静に行動していると思います。
ニュースで冷蔵庫にある在庫品を食料にし、命をつないだ二人が救出されたとの報道がありました。
 東京でも頻繁に大小の余震が続いております。
我が家も昼夜を問わずにガタガタ動いています。
東京に東北地方同様な事態が起きないと誰が断言できるのでしょうか。
 
買いだめをしない私が良識的な人間なのか、それとも家族の安全を顧みないただの無責任者なのか。
私の心の余震も当分収まりそうもありません。

« 地震 | トップページ | 放射性ヨウ素131 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 余震:

« 地震 | トップページ | 放射性ヨウ素131 »

無料ブログはココログ