« 辛党の戦い | トップページ | 血圧 »

2011年2月11日 (金)

焼肉一切れ

焼肉一切れ約20gで蛋白4g。
たったこの一切れが時折我が家を騒がします。
その騒ぎの根源は、その一塊の肉にざわめき立つ私の心に有るのです。

私の蛋白制限は30g/日、健康体を維持するために必要と一般的に言われている量の半分以下ですから、明らかに不足しています。蛋白摂取は必要ですので、私のブログに30g/日未満と表記してしまうこともありますが、正しくは「30g/日を摂取する」と言う方が正しい表現かもしれません。

それでは蛋白なら何でも良いかと言うとそうでもないらしい。
栄養指導を受けたときによく聞く言葉に、アミノ酸スコアと言う単位がありました。
ある食品のアミノ酸の種類が人にとって「適切な率=100」で含まれているか知るための値らしく、野菜より肉類の方がアミノ酸スコアが適切なようです。でもそれは蛋白だけの話で、野菜が提供してくれるビタミンやミネラルも勿論必要とのこと。
野菜にも蛋白はある。私には難しすぎるので「……???……じゃー具体的にどうするんだ」と考え込んでいたら、管理栄養士は「毎日卵(鶏卵)一個と、動物性蛋白10gを、三食平均に分けて摂って下さい」と分かり易い指導をしてくれました。
愚者の質問は賢者にとって回答が難しいと言われていますが、私の愚問に答えてくれた管理栄養士はすごい、と分かると同時に実践する上で、それがどんなに困難な指針だと気づくのに、自分なりの食事管理を開始してから、たいして時間はかかりませんでした。

私の食事管理に関しては私のホームページ
http://mealctrl.weblike.jp/
を見て頂くこととして、一言で述べると必要な蛋白量を肉に割り当てるために毎日気を使っています。10gの蛋白を三食の肉に分けると肉の重さは17g/食、焼肉一切れの大きさです。
やっと割り当てた焼肉一切れ、それにこだわる一見健康そうな私。
私の病気を分かっている家族でさえ、浅ましいと見るのではないかと、脳天気な私でも考えてしまう事が、?年に一度くらいはあるのです。

« 辛党の戦い | トップページ | 血圧 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焼肉一切れ:

« 辛党の戦い | トップページ | 血圧 »

無料ブログはココログ