« ラーメンⅡ | トップページ | 堕落 »

2010年12月17日 (金)

低蛋白米

毎日美味しい米飯を食べた~い。 ( ̄▽ ̄)トウゼン
その一心でいろいろ探したけれど、なかなかこれぞという食品に巡り合えないのが、米とパン。
子供の頃の私は穀類が好きで、肉類にはあまり興味が有りませんでした。
長屋住まいでの白いご飯と白菜の塩漬けが私の美味しい食の原点です。(* ̄ー ̄*)ナツカシイナ~
今は亡き母にかつて「我が家は貧乏だったね」と言うと、いつも母と二人で、頑固親父の悪口をお茶の供としてきた母から「お父さんはいつも家の為にしっかり働いてくれているので、私に貧乏なんてさせた事はありませんよ」と切り返されてしまった。m(_ _)mオソレイリマシタ
話を戻します。
その子供の頃の食習慣のお陰で、蛋白制限食に順応しやすかったと今は感じています。
が、その大好きな普通の米は蛋白が多すぎ、食べなければならない肉に蛋白が回りません。w(゚o゚)wコレハコマル
当然いろいろな低たんぱく米を試してみました。肉との蛋白バランスをとりつつ、電気釜まで変えて炊き方を工夫し、ギリギリ妥協した米が蛋白1/12調整米でした。
でも、その米でも私の好みからすると「不味く無い」止まりなのです。

好みのおシンコをおかずに、美味しいご飯を腹いっぱい食べたいですよね。(*´v゚*)ゞワタシダケカナ
具を入れた炊き込みご飯にすると美味しくなるのですが、作るのに手がかかるので毎日は面倒。
そこでだんだん手(具)を抜き最後まで残ったのが低塩ダシ割醤油なのです。
お米二合と水にその醤油5g加えるだけ、後は早炊きスイッチポン。炊き上がる時の香りが実に香ばしいのです。( ^ω^ )イイニオイ~
その醤油炊きが最近の習慣になっていたのですが、いつもの手抜き魔がじわじわと。( ̄◆ ̄;)コワーイ
「醤油を出して計るのは面倒、炊く時の香りは良いけど、味はと言うと所詮5gの醤油、たいして変わらないはず、塩分もあるし」と言うのが手を抜く言い訳なのです。
思ったらすぐに実行、楽な方には行動が早い私は、以前のように米だけで炊いてパクリ。
(。>0<。)マズ~イ
何かの間違いかと慌てて米袋をみたらいつもの米なのです。醤油を使わず炊き方の書いてあるメモ用紙を見ながら何度か炊いて食べたけれど、馴染んだはずの米がやっぱり不味い。
いつの間にか醤油の旨みに、舌がすっかり慣れてしまっていたのです。
かつて、♪限りないもの、それは欲望~♪、と誰かが歌っていましたけど、ご飯を美味しくしてくれた醤油に改めて気づかされました。

気付いたところでその醤油を切らしてしまい、届くのは数日後。……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノショウユノタタリダ~

« ラーメンⅡ | トップページ | 堕落 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 低蛋白米:

« ラーメンⅡ | トップページ | 堕落 »

無料ブログはココログ